【徹底理解】Googleアルゴリズム変更とペナルティ回避のコツについて学ぼう!

SEO

最近、Googleが次々とアルゴリズムを更新している。順位が下がったり、酷い場合には、ペナルティを受けた例なども話に聞く。特に、ペナルティを受けてしまうと、検索順位が大きく下落したり、インデックスから削除されるなど、ビジネスに大きなインパクトが出る。そこで今回は、Googleアルゴリスムとペナルティに関して正しく理解し、いかにペナルティを回避するかを考えてみよう。

Googleの検索エンジンアルゴリズム変更のトレンド

「パンダ」「ペンギン」「ハミングバード」など、可愛らしい動物の名前がついたGoogleのアルゴリズム。名称だけはなんとなく知っている……という人もいるのではないだろうか。以下に上記3つのアルゴリズムについて簡単に解説してみよう。

パンダ

2011年2月に執行されたアルゴリズムアップデート。質の低いコンテンツや広告表示率が高いコンテンツなどが、検索結果から排除されるようになった。当初、アメリカ国内のサイトにむけてアップデートが執行された際に、実に12%のコンテンツが排除対象になったことで有名だ。

ペンギン

2012年4月に執行されたアルゴリズムアップデート。キーワードの詰め込み、アンカーテキストやリンクプロファイルの操作など、ブラックハットとも呼ばれる、過度のSEOの排除が目的だ。初期バージョンでクエリの約3.1%が影響を受けたとされ、その後のSEOの取り入れ方法を劇的に変えたアップデートとして知られる。

ハミングバード

2013年8月に執行されたアルゴリズムアップデート。これは検索結果の9割に影響を与えたとGoogleが発表したほどの大きな更新だ。これ以前の検索では、キーワード自体を重視した結果が表示されていたが、ハミグバードでは「Conversational Search(会話型検索)」が取り入れられたのだ。

例えば、検索ボックスに「虫歯 歯医者 東京」と入れたとしよう。ハミングバード以前の検索では検索キーワオドの辞書的な意味を教えてくれる検索結果が上位に上がってきた。しかし、実際、人々が「虫歯 歯医者 東京」の組合せを検索する場合、「虫歯ができてしまったので自分の近く(東京)にある歯医者を探している」と考えるほうが、ごく自然だ。ハミングバードはこう言った「検索意図の裏側」を汲み取るようにし、ユーザーが求めている情報により簡単に素早くたどり着けるようなったのだ。

※このページはサンプルです