インサイドセールスとは?これからの新しい営業の形

コンテンツマーケティング

客先へ訪問する外勤型のフィールドセールスに対し、内勤で電話でのコミュニケーションを通して営業をするインサイドセールス。

今、企業の営業活動はフィールドセールスからインサイドセールスを重視型へとシフトしています。従来の営業活動とは一線を画す新しい営業の形であるインサイドセールスについて紹介します。

インサイドセールスとは何か?

はじめに、従来の営業活動との対比で考えてみましょう。

フィールドセールス

フィールドセールスとは、取引先をいくつもまわって商談を掘り起こす、という従来の外勤型営業のこと。しかし、この営業活動は多くの人材を必要とするうえ、1日にまわれる顧客数も限られているため、非常に効率が悪いです。

インサイドセールス

インサイドセールスとは、アメリカで生まれた内勤型営業。国土の広いアメリカでは、取引先をまわることが難しいため、電話での営業活動が活発でした。そしてその部門のことを内勤型営業、つまりインサイドセールスと呼んでいました。

今、主流になってきているのはインサイドセールスとフィールドセールスの組み合わせです。この2つはハンター型とファーマー型と言われるように、もともと得意分野が違います。ハンター型は短期間で売上を上げる活動、ファーマー型は顧客との長期的な関係育成が得意。両者を組み合わせることで、効率も良く、成果も出せる最強の営業組織を作り上げることができるのです。

※※※この記事はサンプルです※※※